現代齒手帖

山西歯科院長 永田のブログです。歯や口腔の健康などつれづれに。医院のhpはhttp://www.yamanishi-shika.com

今度は酢でうがいするだって!?歯、溶けちゃうヨ!!

#うがい#酢#酢うがい#酸蝕症

自然派健康志向のかたのブログを本当に面白く読ませてもらってると、

酢でうがいしている方がチラホラいて、そして世のみなさんに盛大に勧めていらっしゃいます。

 

「酢 うがい」で検索すると、

多くのサイトが酢の殺菌作用により風邪やら口臭予防ができると謳っています。

 

 黒酢専門店のサイトによると、

お酢の特性である細菌の繁殖を防ぐ
作用は口臭や体臭にも効果的です。

気になるお口の臭いにはコップ一杯のお水に酢を大さじ一杯入れて混ぜ、
うがいをすると嫌な臭いの原因である細菌を
消滅させ臭い予防になります。

 

細菌を消滅!

f:id:kikubill:20170810103905j:image

こんなかんじ?

  

口腔内には球菌やら桿菌、嫌気性菌、好気性菌、細菌ではない真菌など

多種多様な微生物が細菌叢(口内フローラ)を形成しています。

細菌叢のバランスを崩すことも健康への悪影響を懸念されます。

 

ま、酢で消滅はしませんが。

大げさに言って商品買わそうとするのもよくないですよねー。

 

酢うがいの濃度は

「コップ一杯の水に酢大さじ1」

というものから、

「水少量に酢は好きなだけ、ゲホッとなるほど効果あり」

という酢強者と言えるものもあります。

 

ところで

歯のエナメル質の臨界ph(これ以上数値が下がると歯が溶けちゃうph)は5.5、

「良質な黒酢」でも黒酢でも

普通の酢でもphは2.7

 

これでうがいなんて、

エナメル質の悲鳴が聞こえてきそうです。

 

歯の酸蝕症をご存知でしょうか?

虫歯ではなく、酸性の飲食物を摂る機会が多いとおこる、エナメル質が溶けてしまう症状です。

 

f:id:kikubill:20170810104310j:image

 http://www.tda8020.org/newsdigest/h20160829.htmlより

写真のかたは毎日みかん一個食べていて起こった酸蝕症です。

柑橘類のphは3くらいです。

みかんより酢のphは低いですから、酸蝕症は起こり得ます。

 

あと、健康イメージの強い酢ですが、

肝疾患がある方は要注意です。

山口医大附属病院肝疾患センターQ&A

http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~kanzou/question.html

によると、

f:id:kikubill:20170810110844j:image

調味料程度でも時々なら、、、だそうです。

肝疾患の方、うがいのあとゴックンだめよ!

 

 最後に声を大にして、

 

酢でのうがい習慣は十分に歯の酸蝕症を起こし得ます。

ご注意ください!

 

山西歯科

http://www.yamanishi-shika.com/