読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現代齒手帖

山西歯科院長 永田のブログです。歯や口腔の健康などつれづれに。医院のhpはhttp://www.yamanishi-shika.com

ドクターG風「突然の激しい胃痛」

注!今回歯科は全然関係ありません!

 

知り合いの女医さんの体験談です。

 

深夜3時頃

痛い!イタタタ!お腹がとにかくいたい!

 

チャラーン

「病名を突き止めろ!ドクターG(風)」

f:id:kikubill:20170518142545j:image

 

50才、家族と同居の女性。職業は歯科医師で、自宅で開院しています。

 

1日の診療を終え、20時頃 彼女は夕食をとりました。

夕食は白米、豚の生姜焼き、サンマのきずし、小松菜のおひたしでした。

 

その後何事もなく23時30分、就寝。そして冒頭にあるように3時頃心窩部の激痛で目を覚まします。

 

手持ちの鎮痛剤、胃薬は効を奏さず、痛みは全く収まる気配はありません。

 

ただ、痛みは間歇的で、激痛が続いたあとは少しましになる時間が10分ほどありました。

なので午前の診療をなんとかこなし、自宅の医院から徒歩3分の胃腸科医院に電話をかけ、すぐに受診するよう指示を受け、ヨロヨロと途中うずくまりながらもなんとか到着。

すぐに胃カメラをすることになりました。医師に昨夜食べたものを聞かれました。

 

この時の彼女の心境は

「あたし、胃潰瘍で胃の中は穴だらけできっと血を噴いてるんだわ、、、

     食べたモンなんてカンケイないから早く処置しちゃってよ!」

 

と激痛をこらえながら問診を受け、いざ、胃カメラへ。

 

胃カメラをくわえたまま医師と一緒に胃の中をみますが、血が噴き出ている様子はありません。

 

「あれ?」と思っていると、先生が

 

「いた!ピンセット!」と。

 

そうです。病名は

「胃アニサキス症」でした。最近ニュースでよく報道されていますね。

 

取ってもらったら激痛が嘘のように引いて元気ピンピンで帰宅されました。

 

原因はサンマのきずしだったわけですが、とても新鮮なサンマをヒイキの魚屋さんが届けてくれたので、自宅でさばいてサンマのきずしを作り、翌日の夕食にしたそうです。

 

サンマを自分でさばいてきずしにしちゃう先輩の調理能力の高さに驚きましたが、アニサキスって、イカや鯖、鮭は聞きますが、サンマにもいるんですね。

 

ネット記事で、

「安い刺身を食べる時は奥歯でよくすりつぶして!」

とみかけたのですが、新鮮であるがゆえに起こる感染ですから安い高いは関係ないですのでご注意ください。

 

ところで、アニサキスの痛みはアレルギーによるものだそうです。

なんとなく、胃壁にアニサキスが噛み付いて粘膜内にグリグリ入っていくことで痛みがあるイメージだったのですが、日経メディカルオンラインによると、

 f:id:kikubill:20170518142812j:image

 山本氏(大島医院(宮城県気仙沼市)院長)は、アニサキス症の腹痛は、虫体の分泌物による局所の即時型アレルギーが原因と考え、20年以上にわたり190人の胃アニサキス症患者に対して、ステロイドと抗炎症薬を併用する治療を行い効果を確認している。(中略)

同氏は、つい先日の8月上旬にも、胃アニサキス症を経験した。患者は明け方に心窩部の激痛を訴え、救急受診した。デキサメタゾン1.65mg(ステロイド剤です)を静注したところ、持続していた疼痛は10~20分で軽減した。虫体は症状軽減後に内視鏡下で除去した。

 

まあ、アニサキス症が疑わしくって取れば治るんだからステロイド剤いらないんじゃない?と思ったのですが、小腸アニサキス症とか大腸アニサキス症とか取れない場合もあるそうです。

しかも!

f:id:kikubill:20170518143142j:image

「腸アニサキス症で小腸穿孔をきたした 1 例」

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaem/33/6/33_1047/_pdf

という報告も検索してたら見つけました。

穴あくなんて怖すぎるので、皆さん、夜中でもすぐに病院行きましょうね!

 

なぜ、こんなにアニサキスについて検索しまくっているかというと、

わたし、無類の鯖のきずし好きなのです。

夫には私がもしもの時は「死に水」ではなく「死に鯖のきずし」をお願いしているくらいですが、

唇に乗せてもらう鯖は冷凍にしてもらうようにします。

(冷凍だとアニサキスも死んでるので)

 だって、いくら自分が死んでても生きた線虫が唇に乗ってるなんてやだー!

 

高槻市 山西歯科

http://www.yamanishi-shika.com/