読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現代齒手帖

山西歯科院長 永田のブログです。歯や口腔の健康などつれづれに。医院のhpはhttp://www.yamanishi-shika.com

歯ぐきの腫れと塩

「歯ぐきの炎症に塩が効く!」「塩で歯ぐきを引き締める!」

というのをネットや薬局でたびたび目にします。

 

塩で歯肉炎、歯周炎は治りませんよ!

 

塩で歯ぐきが引き締まる、は嘘ではありません。浸透圧で歯肉の水分が外に出て行くので 腫れぼったい感じが引くことはあると思います。ナメクジに塩をかけるとシワシワになるアレです。

確かに腫れ自体は少し引くかもしれませんが、炎症の原因の多くが歯周病菌ですので、原因に対する治療をしなくては「治る」とは言えません。だからうたい文句が「効く」とか「効果がスゴイ!」なんでしょうね。

 

「粗塩で3日磨いたらみるみるスッキリ!」

多くの急性炎症は3日目くらいがピークでその後はだんだん落ち着きます、塩なしで。

そして多くの健康サイトで見かけるのが「塩の抗菌効果」です。

炎症の原因菌が塩で脱水されて死んでしまう、ということですが、炎症を起こす菌は塩やうがいした塩水が届くような表層にはいません。あまり塩に頼らず腫れたらかかりつけ、またはお近くの歯科医院にかかってください。歯ぐきが腫れるというのは体からのサインです。歯ぐきの中に歯石がついて腫れたり、歯が割れかかっている、はぎしりで特定の歯に過大な力がかかって腫れている、こういった場合は原因に対する治療が必要です。シオでなおった!ヨーシ!ではいけません。

 

さっき塩磨きをしてみました。

しょっぱいです!

私は最近血圧が気になるのでもうやめておきます。

でも、どうしてこういう場合普通の塩より粗塩のほうが効果ありそうに見えるんでしょうね。

ツブツブ、ジャリジャリが効いてる!感でしょうか。

健康法としては個人の好みであると思いますが、歯周病の治療のためには効果は期待できないと私は思います。

 

 高槻市 山西歯科

http://www.yamanishi-shika.com